水の清らかなところで蕎麦はいっそう美味しくなり、空気の綺麗なところで芸術はより美しく映えるのです。 (2006/07/19) の記事画像